Mais qui est マーク パリ株式会社 !! www.buymarc.net       apato@gmail.com

フランス留学をお考えの方へ 私のHPをご覧いただきありがとうございます。

MARCです。 私はパリをはじめフランス中で、ホームステイやアパルトマン、ルームシェア物件を15年にわたり紹介してきました。

この経験を活かし、現在ではフランス留学をされる方へ語学学校のご紹介、その他のスクール(アートスクール、クッキングスクール、 ファッションスクールなど)、スタージュ(職業訓練)のご紹介をしています。

私はパリ生まれのフランス人で、フランス人ならではのコネクションがあります。 語学学校をお探しの方、フランスでスタージュをしてみたい方、まだ具体的な目的は決まっていないけれどフランスへ留学してみたいとお考えの方、 ぜひ一度私にご相談ください。

大手斡旋会社にはできない私ならではのオススメやアドバイスができると思います。 ご相談は出発予定の1年前から半年前ぐらいにされることをおすすめします。(特に長期の方) (短期の留学の方はギリギリでも間に合う場合があります。一度ご相談ください。)

au sujet des ecoles .

パリ 語学学校

私のご紹介する語学学校はいくつかありますが、どの学校もアットホームでフランス語を真剣に勉強できる環境の整った学校ばかりです。

 日本人がたくさんいない分早く吸収できるのでフランス語の上達もとても早いです。

 私と同じ学校を紹介している他の斡旋会社もあるかとは思いますが、私にはフランス人ならではのコネクションがあります。

 また、学校側も私の仕事の方法を理解してくれサポートしてくれています。

 その為、私の留学システムを利用される方にはきっと他の斡旋会社より安く語学学校を紹介できると思います。

 通う期間や滞在期間、滞在方法にもよります)

 私の紹介するアパルトマンやホームステイを利用かつ紹介する語学学校に通う方には割引料金が適用されます。

 他の斡旋会社を利用される方は語学学校を先に決めて、その後できるだけ近くの滞在先を探す方が非常に多いですが、

私の場合は好きなステイ先を決めていただいたらそこに近い語学学校を紹介するという逆の発想をオススメしています。

 その方が気に入った場所で快適な暮らしができ、よりフランス滞在を楽しんでいただけると思います。

 語学学校の手続き代行料は無料です。

au sujet des stages .

スタージュをしたいとお考えの方へ。スタージュ先をご紹介します。

まず最初にお伝えしたいのは、スタージュをするには学生である必要があります。(ワーキングホリデービザをお持ちの方もできますが学校に入る必要があります。)

 よく、他の日本の斡旋会社などでスタージュを誰にでも紹介してさせているケースがありますがこれはフランスの法律違反です。

その状況が発覚すると、雇い主は罰せられ、今後スタージュの受け入れをすることができなくなります。

 そうなった、ブランジェリー(パン屋)や花屋さんを私はいくつか見てきました。

 また、スタージュをするには学校側と雇い主の間で特別な契約が交わされ、それを証明する書類が必要になります。

 ですので、スタージュをお考えの方、間違った違法な手段でスタージュをしてしまわないようにご注意ください。

 私の紹介する語学学校に通われる方には安心してスタージュを行っていただけるよう手配させていただきます。

 学校側もサポートしてくれますのでご安心ください。

 スタージュ先はご相談ください。

  特に私はファッション業界にコネクションがあり、有名ブランドを手がけるアトリエでのスタージュを紹介しています。

 ファッション業界で働く方にはパリで貴重な経験ができると思います。

 今までにこのアトリエでスタージュをしてきた日本人の方々、皆さんとてもいい経験をされ日本に帰国されたり、

パリで引き続き頑張っています。

 アトリエでのスタージュにはアトリエとの契約料が必要ですが、ご紹介料や手続き代行手数料は無料です。

 ファッション以外のブーランジェリー、フローリストなどその他の分野のスタージュもご相談ください

petite Conclusion .

MARCにしかできないフランス留学のサポートがあります。 私の留学システムを利用した方々にもきっとたくさんのメリットがあると思います。 フランス人ならではの留学サポート、日本の会社とはまた違った留学であなたのフランス留学を素敵なものにしてみませんか。 ぜひ一度私にお問い合わせください。ご連絡お待ちしています。

OFFICE MARC PARIS 01 KU                                 GOOGLE MAP

OFFICE TOKYO ( MARC PARIS BISTRO )          GOOGLE MAP 

OFFICE OSAKA フランス 留学 MINAMI SENBA   GOOGLE  MAP

フランス語学学校 | Japon | マーク パリ 株式会社 フランス 留学 費用 フランスホームステイ
フランス語学学校 | Japon | マーク パリ 株式会社 フランス 留学 費用 フランスホームステイ

KOMENTO  AYAKO SHIMODA

 大学を卒業してから6年間、衣裳関係の仕事をしていましたが、今から20日後に、

パリへワーキングホリデーに行きます。

 はじめはパリにある刺繍学校に通う目的で、

語学学校3ヶ月+刺繍学校3ヶ月=計6ヶ月の留学を計画していました。

留学の手配を大手エージェントに依頼するかどうか、料金の比較等をしながら出発の1年くらい前から

数ヶ月間悩み続け、なかなか決められないでいました。

 しかしあるとき、自分が行く予定の刺繍学校へ通われていた方のブログを見ていたら

「フランス留学のお手伝い・現地でのファッション関係の会社へのスタージュ先を

紹介してくれるフランス人の方を紹介します」との文字が!

 ちょうどこのタイミングで留学手配で悩んでいたことに加え、現地でのファッション関係の就業体験という

言葉に惹かれ、ブログを書かれた方に連絡を取り、紹介していただいたのがMARC氏との出会いでした。

 実際に連絡をとってみると、最初は自分も英語ができるほうではないので

英語でのやりとりに多少の不安と不便は感じましたが、MARC氏に実際に会ってのやりとりを交えながら

手配を進めていくことを提案され、徐々に自分のフランス行きの計画が具体的になっていくのを

実感できるようになりました。

 初めて実際に会ってのミーティングをした際、MARC氏からスタージュ先の会社の資料を見せていただき、

私はその瞬間から「せっかくフランスに行くのなら、自分の専門分野の仕事を体験しない手はない!」と

一気に気持ちが盛り上がってしまい、

元々の“6ヶ月間留学の計画を、“1年間のワーキングホリデーに変更することを決めたのでした。

 最初のお話では、MARC氏には滞在先の手配とスタージュ先の紹介をしていただく話で進めていたのですが、

私の計画を細かくお話しているうちに、MARC氏が語学学校も紹介してくださることになり

さらには刺繍学校の窓口の方とも彼はお知り合いということで、先方に連絡まで取ってくださり、

私と先方のやりとりも見守ってサポートしてくださいました。

 滞在先は刺繍学校の徒歩圏内という素晴らしい立地のホームステイステュディオを紹介いただき、

ビザ申請の際はワーキングホリデービザの申請書類を見せたら軽くチェックもしてくださいました。

(私の場合は、ビザ申請チェックは日本の小さなエージェントにもしていただきましたが)

 MARC氏からは至れり尽くせりのサポートをしていただき、

出発20日前、ビザ・語学学校・刺繍学校・滞在先のすべての予約が万全に整いました。

今現在は、スタージュ先をいろいろ考えてくださっているご様子。

結局、振り返ってみればすべてMARC氏のサポートを受けてここまでの準備が

できたのだと、改めて感謝の気持ちでいます。

 MARC氏と出会っていなかったら、現地での就業体験の話などひとつもなく、高い料金をエージェントに

支払いながら学校だけ行って半年で帰国をしてしまうところでした。

 出発準備が間に合っていないのでこれから追い込みですが、おかげさまで充実したワーキングホリデー生活を

送ることができそうなので、現地での生活を楽しみに頑張ります!

 Merci beaucoup,M.MARC!そしてこれからもよろしくお願いします。』

++++

1

En tout cas,Je n’ai pas pu faire n’importe quel stage pendant je suis dans l’ecole Lesage (

《パリにある刺繍学校に通うための留学で、

MARCさんに住まいと語学学校の手配をお願いしました。

語学学校はパリでの生活と刺繍学校に行くための準備として、

パリに到着後すぐに通い始め、3カ月間のコースを受けました。

語学学校はパリの北西寄りに位置するところで、

住まいのあるオペラ地区からはメトロで片道30分ほどの距離でしたが、

学校自体が駅からすぐだったので、特に不便は感じませんでした。

治安も全く問題なく、近くにはパン屋などもいくつかあったので

授業後はそこでパンを買って、

学校内の休憩スペースで友人とランチをしたりもすることができました。

学校のクラスはだいたい5-10人くらい、

私がいた入門クラスはアジア人が比較的多かったように思いますが、

後半になってクラスも多少上がっていくと、

ヨーロッパ圏、南米など多国籍なクラスになっていきました。

学校の先生方も皆穏やかで優しく、アットホームな雰囲気の学校だと感じました。

授業は小さい教室で、一日3時間、文法と会話が半々くらいの割合で行われました。

生徒同士で2人組やグループになっての実践会話の機会が多く組み込まれていたので、

会話の訓練にはとてもよかったと思います。

学校では2か月か3カ月に1回程度、パーティのような催しも行われていて

(ボジョレー・ヌーヴォー解禁日や、クリスマス会など)

その際には卒業した生徒も自由に参加してよいということになっています。

私も卒業はしましたが、

そのようなイベントではまだ卒業していない友人にも会えるので

今後も顔を出したいと思っています。

卒業後にたまに顔を出すときも、スタッフの方や先生方は快く対応してくださいますし、

このような交流の場所を持てることは、本当にありがたいことです。

語学学校でできた友人とは、

こちらに来て初めてできた友人ということもあり、

卒業後も一緒に旅行をしたり

外出したりする関係が続いているので、

本当にこの学校に通うことができてよかったと、今改めて感じています。

MARCさんに、感謝です!》

2

1年間のワーキングホリデー生活の

最初の6か月間の滞在先を、ホームステイということでお願いして

MARC氏に紹介していただきました。

私の滞在の予定は

最初の6か月が語学学校とオートクチュール刺繍学校に通い、

後半の6か月はスタージュとアルバイト(または仕事)をするというものでした。

MARC氏には様々なステイ先を提案していただき、

そのどこもそれぞれに魅力的ではあったのですが、

中でも今回実際に滞在させていただいたオリビエさん・エリザさん父娘のお宅は、

刺繍学校まで徒歩8分ほどで行けてしまうという

私にとって願ってもいない好環境!

学校では自分の体ほどの大きな刺繍枠を使用し、

毎回持ち運びをしなけらばならないので、メトロでの移動は大変。

徒歩で往復のできるこの環境は、本当に有難かったといま改めて感じています。

滞在先は、9区オペラ地区にある

パリらしい外観の、でも綺麗なアパルトマンの一室。

セキュリティコードを入力して入る建物の、

低い階段を少し上ったさきのフランス式1階にあります。

最寄り駅はメトロ7号線cadet駅、

12号線Notre-Dame de Lorette駅で、

どちらも徒歩5分圏内にあります。

この2つの路線はどこに行くにも非常に便利な線です。

私は日本で舞台衣裳の仕事をしていたこともあり、

バレエ・オペラを沢山見たくてオペラ座に最低でも月1回は

足を運んで公演鑑賞をしていたのですが、

その際にもこの立地のありがたさを実感しました。

cadet駅はopera駅までたったの3駅、

家からオペラ座までは15分ほどで行けてしまいます。

オペラ座だけでなく、どこへ観光に行くにも不便を感じたことはありません。

本当によい立地だと思います。

また、夜遅く一人で歩いて帰っても、

特にNotre-Dame de Lorette駅からの道はカフェなどもありますし

深夜0時半くらいに帰宅することもありましたが、特に危険を感じたこともありません。

滞在者に用意されたお部屋はシンプルで広く、

大きな窓もあるので毎日明るい環境で過ごすことができます。

また、個人の部屋にシャワーと浴槽、

洗面台と電子レンジ・電気ケトル・冷蔵庫が用意されているので

共同なのはリビングルーム、キッチンとお手洗いのみ。

滞在スタイルはホームステイのようではありますが、

個人の空間が十分に用意された自由な環境となっています。

家主のオリビエさん、エリザさんはお二人とも英語も話されるので

最初はわからないことなど英語で質問させていただいていました。

質問や困ったことなどあるときは話しかければいつも笑顔で対応してくださり、

普段はそれぞれの生活スタイルで自由に過ごすといった風で、

独立したスタイルのお家だと感じました。

私自身が料理ができずキッチンを使用しなかったのと()

刺繍の課題で家に滞在中はほぼ引きこもり状態だったため

家主のお二人とあまり顔を合わせて会話する機会もなく

心配をかけてしまったかな、もう少し積極的に話せばよかったなと

個人的に少し残念に思う部分はありますが、

結果的にここに滞在させていただいてよかったと思っています。

今現在ここに滞在して5か月目なのですが、

残りの半年を過ごす場所はここまで便利ではないので、

この便利さに慣れてしまった私は大丈夫かなぁと

心配になっています()

それくらい、素晴らしい場所です!!

MARC氏には本当に感謝!!】

パリにある刺繍学校へ通うために、

ワーキングホリデービザで1年間パリに滞在するという計画で、

渡仏しました。

これを書いている現在は、パリ生活9か月目です。

マークには最初の半年のホームステイ先、

残りの半年の引っ越し先ステュディオと語学学校、

スタージュ(企業研修)先をトータルで手配していただきました。

紹介された語学学校IELFEは、先生方も授業もとても楽しく、

生徒も20代中盤くらいの大人の方がほとんどなので、

雰囲気も前向きで良いです。

授業はレベル別のクラスの基本授業のほか、

発音、文法、会話などに特化したアトリエ授業と、

勉強でつまづいた部分に対して質問ができたり

公式書類を書く際の相談やチェックができる特別授業もあり、

生徒へのサポートがとても充実していると感じています。

スタージュはモードの皮革衣料を専門とするアトリエで2ヵ月間、

毎日午後のみモデリスト(パタンナー)アシスタントの研修を

させていただきました。

スタージュに関しては、マークに出会う前までは、

その制度すら知りませんでした。

しかしたまたまネットでマークの存在を知り、

服飾の人間がせっかくパリに来るのに

ファッションの仕事に触れないで帰るのは勿体ない!と思い、

こちらもマークにお願いすることに。

このアトリエではスタージュ初日から、ルイ・ヴィトンやクロエの

新作パターンのお仕事に触れさせていただきました。

この研修期間は、元々日本で衣裳デザイナーをしていた私には

モードのしかもパターンの仕事は簡単なことでも難しく、

その上フランス語の理解力が足りないことにより、

日々緊張感もありました。

しかし直属の上司とそのアシスタントの女性が

いつも根気強く説明や手直しをしてくださり、

なんとかやりきることができました。

この2ヵ月間で、次期コレクションのパターンやトワル組み、

それを縫製に出して縫いあがったサンプルをブランドのデザイナーにチェックを受け

その後のパターン修正まで、

1つの型に対して責任を持たせる形で仕事を与えられたので、

やりがいを感じながら、

本当に貴重な経験をすることができました。

また、先日、日本にいるときからずっと行きたかった舞台衣裳のアトリエに

自己アピールの作品を持ちこんで自分を売り込みに行き、

なんとかスタージュの契約を結んでもらうことに成功したので

残りの帰国までの2ヵ月間は、

世界で一番働きたいと思えるアトリエで、

めいっぱい勉強してきたいと思っています。

パリに来てから、本当にこんなことがあっていいのか、

こんなにも素晴らしい体験ができるのかと

1年間の充実具合と幸福感・達成感に自分でも驚いています。

初めは刺繍学校へ行くことだけが目的だったフランス滞在がここまで充実し、

想像以上に自分を成長させることにつながったのは

マークとの出会いのおかげです。

残りのパリ生活も、全力で頑張り、楽しみたいと思います。

3

パリにある刺繍学校へ通うために、

ワーキングホリデービザで1年間パリに滞在するという計画で、

渡仏しました。

これを書いている現在は、パリ生活9か月目です。

マークには最初の半年のホームステイ先、

残りの半年の引っ越し先ステュディオと語学学校、

スタージュ(企業研修)先をトータルで手配していただきました。

紹介された語学学校IELFEは、先生方も授業もとても楽しく、

生徒も20代中盤くらいの大人の方がほとんどなので、

雰囲気も前向きで良いです。

授業はレベル別のクラスの基本授業のほか、

発音、文法、会話などに特化したアトリエ授業と、

勉強でつまづいた部分に対して質問ができたり

公式書類を書く際の相談やチェックができる特別授業もあり、

生徒へのサポートがとても充実していると感じています。

スタージュはモードの皮革衣料を専門とするアトリエで2ヵ月間、

毎日午後のみモデリスト(パタンナー)アシスタントの研修を

させていただきました。

スタージュに関しては、マークに出会う前までは、

その制度すら知りませんでした。

しかしたまたまネットでマークの存在を知り、

服飾の人間がせっかくパリに来るのに

ファッションの仕事に触れないで帰るのは勿体ない!と思い、

こちらもマークにお願いすることに。

このアトリエではスタージュ初日から、ルイ・ヴィトンやクロエの

新作パターンのお仕事に触れさせていただきました。

この研修期間は、元々日本で衣裳デザイナーをしていた私には

モードのしかもパターンの仕事は簡単なことでも難しく、

その上フランス語の理解力が足りないことにより、

日々緊張感もありました。

しかし直属の上司とそのアシスタントの女性が

いつも根気強く説明や手直しをしてくださり、

なんとかやりきることができました。

この2ヵ月間で、次期コレクションのパターンやトワル組み、

それを縫製に出して縫いあがったサンプルをブランドのデザイナーにチェックを受け

その後のパターン修正まで、

1つの型に対して責任を持たせる形で仕事を与えられたので、

やりがいを感じながら、

本当に貴重な経験をすることができました。

また、先日、日本にいるときからずっと行きたかった舞台衣裳のアトリエに

自己アピールの作品を持ちこんで自分を売り込みに行き、

なんとかスタージュの契約を結んでもらうことに成功したので

残りの帰国までの2ヵ月間は、

世界で一番働きたいと思えるアトリエで、

めいっぱい勉強してきたいと思っています。

パリに来てから、本当にこんなことがあっていいのか、

こんなにも素晴らしい体験ができるのかと

1年間の充実具合と幸福感・達成感に自分でも驚いています。

初めは刺繍学校へ行くことだけが目的だったフランス滞在がここまで充実し、

想像以上に自分を成長させることにつながったのは

マークとの出会いのおかげです。

残りのパリ生活も、全力で頑張り、楽しみたいと思います。

====

ALL CONSULTING MEETING TOKYO FULL

RUMI

今回初めてホームステイという形でパリに滞在することとなり、どこまで自分の希望が通るのか分からないまま

マークさんに問合せをしました。 マークさんは翌日、早速希望に沿ったステイ先のご紹介をしてくださり、とても驚きました。

その他にも希望通りのステイ先をたくさんご紹介いただき、選択の幅が広がり大変助かりました。

また、マークさんの迅速な対応のおかげで、ビザの手続きも余裕を持って進めることができました。

マークさん、どうもありがとうございました。

SERA

マークさんには、渡仏することを悩んでいる段階でメールをしましたが、 ちょうど東京に来ているとの返事をもらい、すぐに会ってお話をきくことができました。

留学に関してはまだ色々と分からないことが多く、行くかどうかも分からない段階でしたが、マークさんからはパリのことや学校、ステイプランのシミュレーションなどたくさんの情報を頂きました。

もし少しでもパリに行くことを考えている方は、きっと力になってもらえると思うので、一度マークさんに連絡を取ってみることをお勧めします。

+++++++++++++

MERCI KAZOO

パリでアパートを探していますというメールを送って、翌日には返事をもらいました。

メールでやり取りをし、3日後にはマークさんと会うことができました。

パリでどのようにアパートを探すかわからず、

光熱費・インターネット等の契約も自分で行うというアパートが多かった中、

マークさんは家賃と諸経費込みで800ドルでホームステイできると教えてくれました。

更に、パリでの過ごし方や、注意するべきことなどを教えてもらい、大変助かりました。

一番よかった点は、マークさん本人に会えて話することができたことで、私は安心できました。

どうもありがとうございました。

+++++++++

EMI / MARI NO

ワーホリのビザ取得に住所が必要で、色々な方にルームシェア目的で連絡を取っていたのですが、いいところが見つからず、フランスに住んでおられる方々思った以上に皆さん冷たいメールで私は落ち込み、最後の頼み綱としてマークさんのところにお願いしました。確かビザ申請の二日前でした。前日夜一時まで私とのメールに付き合ってくださいました。

日本の留学支援会社のホームステイよりも安く、対応も早くて凄く助かりました。フランス人が冷たい事は色々連絡を取り合っていてしみじみ感じおちこんでいた私かつ、猫アレルギー、ハウスダストがある私にマークさんはお話好きで優しいフランス人の方で、猫のいない綺麗なホームステイ先を選んでくださいました。

これからフランスでのホームステイが楽しみです♡

+++++

YUMI AKAHANE  ( 2012)

MARCさん 私のコメントです。

私は全くフランス語が話せないままパリに来て、今、ちょうど1週間がたちました。

3ヶ月の観光VISAの間に語学学校に通っています。最初は行く予定であった語学学校の寮が入れなかったために、直前に家のことでMARCさんのHPをみて連絡しました。MARCさんは語学学校の紹介もしてくれたので、決めていたところをやめてMARCさんがおすすめの語学学校に変えました。初めて連絡してからほんの1週間で家の手配と語学学校のことすべてをやってくれました。私が予定通りに渡仏できたのもすべてMARCさんのおかげです!!

語学学校の初日の日には、MARCさんも一緒に来てくれました。手続き等もMARCさんがいてくれたのでとても心強かったです。そして、私は知り合いがいなかったので、『少し寂しいです。』とぼそっと言ったことを覚えてくれていて、何とMARCさんの空き時間に、MARCさんのお家に呼んでくれました!そこで、学校の授業の分 からないところを教えてくれました。その後には、少し家の回りを案内してくれて一緒にビールを飲んだりして、とても楽しかったです!

後日、私は9月から入学しiたいモードの学校の見学に行きました。2つの学校で迷っていたので、両方見て決めたいと、MARCさんに渡仏前から話していたら、2つの学校にアポをとって下さり、またフランス語が全くできない私のために一緒についてきてくれて通訳してくれました!!!2つの学校はMARCさんと特別関係がある訳では全くないのに、本当に本当に親切にここまでやって下さいました。学校を見学した帰り道には、皮のアトリエも見学させてくれました。

MARCさんは本当にいい人で、ここまで親切に対応してくれるのは本当にMARCさんだけだと思います。

本当に本当にありがとうございました。また、何かあったら必ずMARCさんにお願いしたいです。

+++

AYAKO MARC COORDINATION 6 MONTH + 3 MONTH SCHOOL

大学を卒業してから6年間、衣裳関係の仕事をしていましたが、今から20日後に、

パリへワーキングホリデーに行きます。

 はじめはパリにある刺繍学校に通う目的で、

語学学校3ヶ月+刺繍学校3ヶ月=計6ヶ月の留学を計画していました。

留学の手配を大手エージェントに依頼するかどうか、料金の比較等をしながら出発の1年くらい前から

数ヶ月間悩み続け、なかなか決められないでいました。

 しかしあるとき、自分が行く予定の刺繍学校へ通われていた方のブログを見ていたら

「フランス留学のお手伝い・現地でのファッション関係の会社へのスタージュ先を

紹介してくれるフランス人の方を紹介します」との文字が!

 ちょうどこのタイミングで留学手配で悩んでいたことに加え、現地でのファッション関係の就業体験という

言葉に惹かれ、ブログを書かれた方に連絡を取り、紹介していただいたのがMARC氏との出会いでした。

 実際に連絡をとってみると、最初は自分も英語ができるほうではないので

英語でのやりとりに多少の不安と不便は感じましたが、MARC氏に実際に会ってのやりとりを交えながら

手配を進めていくことを提案され、徐々に自分のフランス行きの計画が具体的になっていくのを

実感できるようになりました。

 初めて実際に会ってのミーティングをした際、MARC氏からスタージュ先の会社の資料を見せていただき、

私はその瞬間から「せっかくフランスに行くのなら、自分の専門分野の仕事を体験しない手はない!」と

一気に気持ちが盛り上がってしまい、

元々の“6ヶ月間留学の計画を、“1年間のワーキングホリデーに変更することを決めたのでした。

 最初のお話では、MARC氏には滞在先の手配とスタージュ先の紹介をしていただく話で進めていたのですが、

私の計画を細かくお話しているうちに、MARC氏が語学学校も紹介してくださることになり

さらには刺繍学校の窓口の方とも彼はお知り合いということで、先方に連絡まで取ってくださり、

私と先方のやりとりも見守ってサポートしてくださいました。

 滞在先は刺繍学校の徒歩圏内という素晴らしい立地のホームステイステュディオを紹介いただき、

ビザ申請の際はワーキングホリデービザの申請書類を見せたら軽くチェックもしてくださいました。

(私の場合は、ビザ申請チェックは日本の小さなエージェントにもしていただきましたが)

 MARC氏からは至れり尽くせりのサポートをしていただき、

出発20日前、ビザ・語学学校・刺繍学校・滞在先のすべての予約が万全に整いました。

今現在は、スタージュ先をいろいろ考えてくださっているご様子。

結局、振り返ってみればすべてMARC氏のサポートを受けてここまでの準備が

できたのだと、改めて感謝の気持ちでいます。

 MARC氏と出会っていなかったら、現地での就業体験の話などひとつもなく、高い料金をエージェントに

支払いながら学校だけ行って半年で帰国をしてしまうところでした。

 出発準備が間に合っていないのでこれから追い込みですが、おかげさまで充実したワーキングホリデー生活を

送ることができそうなので、現地での生活を楽しみに頑張ります!

 Merci beaucoup,M.MARC!そしてこれからもよろしくお願いします。』

TAKESHI

COMENTO コメント:

以前パリを訪れた際、アパートを貸して頂きました。今回は、長期留学のための家探しで詐欺にあってしまい、色々と手助けをして頂きました。パリならば彼に直接探してもらえばよかったのですが、今回は地方だったので、自分で相手先を探そうと努力をしてみました。海外での物件探しの経験は勿論なく、勝手もわかっていなかったので、典型的な手口で引っかかってしまいました。そうなる前に、取引相手が信用に足る相手かどうか、Marcさんに確認してもらえばよかったと思っています。結果としては残念でしたが、渡仏前に詐欺がわかったのは不幸中の幸いです。Marcさんは、最初から最後まで親切に対応して下さいました。ありがとうございました。

=====

YOSHIDA FAMILY

マークさんのアパートに滞在するのは2度目です。昨年は北駅近くのアパルトマンで、仕事のため渡仏した夫と1か月を過ごしましたが、今回は、憧れのサンルイ島にあるチボーさんのアパルトマンで2週間を過ごしました。

 18世紀に建てられた古いアパートには、決してホテルのようなコンパクトな便利さはありませんが、人が生活を営んでいた空気を感じることができます。
 そこには、普段着でくつろげる空間があり、普段の料理を作ることのできる台所があり、非日常でありながら、普段の生活ができるのです。

私たちには、パリに着くと必ず食べたい家庭料理があります。アンディーブとジャンボンのクリーム煮。30年近く前に初めて渡仏したときに、近所の人に教えてもらった料理です。週3日開くモーベール広場のマルシェで、早速材料を調達して作りました。サンルイ島とシテ島をつなぐ橋を渡るとすぐにノートルダム寺院があり、その後ろを通り抜けて、何度もマルシェに行きました。寒さで凍ってしまったということで、アンディーブを買えない日もありましたが

  サンルイ島には、こじんまりとしたセンスのいいお店が並んでいます。娘のお土産にワンピースを買ったブティックの奥さんは、福島県を案じて、その後どうなったかと聞いてくれました。そして 美しい日本が大好きだと言ってくれました。
 小さなスーパーのおじさんとは、「またね」と日本語で言い合える仲になりました。来年のバカンスには日本へ来るというので、できたら会いたいものだと、電話番号のメモを渡してきました。

 このアパートは、本当に絶好のロケーションで、どこへでも歩いて行けます。セーヌ川を渡り、右岸でも左岸でも、歩いて歩いて足に豆ができたくらいです。何度もサン・ジェルマン通りに出て、ステキなお店をいろいろ見つけました。今回、買わないできたものも、次回の楽しみにとっておきましょう!

アパートの持ち主のチボーさんも、誠意をもって接してくれました。マークさんが紹介してくれるアパートは、まだ2回目ですが、本当にパリが好きになってしまうことを請け合います。多少の不便があったとしても、ケセラセラと言えるくらいに大好きになってしまう魅力があります。

寒波の真っ只中に歩き回ったパリでしたが、強く印象に残った1日があります。パリの北東 19区のパルク・ド・ラ・ヴィレッド内にあるミュゼ・ド・ラ・ミュジーク(音楽博物館)を見学後、2時間以上をかけてサン・マルタン運河沿いに街を通り抜け、サンルイ島の我がアパートまで歩いて帰宅した日です。歩くことによってパリの街が自分のもののように身近に感じられ、そして、アパートに着いたとき、まるで我が家のようにホッとした一瞬を覚えています。
 途中で 昨年の同じ頃、マークさん、娘たちとで楽しいひと時を過ごしたサン・マルタン運河の橋の側を通り過ぎる時、マークさんや娘たちの姿や声が甦りました。

マークさん、ありがとう‼

ANNETTE AGNES JOJO

息子と8日間滞在しました。

私は観光滞在で2回目、息子は1か月の語学研修でした。

マークさんの手創り満載のHPに魅せられて、パリに引き寄せられました。

先ずは直にお会いして手付け金を支払い、後はパリでの支払いです。

マークのメール返信の速さは神業で、あれだけの量をミス無くこなす聡明さは感嘆に価します。

息子のホームステイ先でも“Marc is a reliable person.”とはっきり言われました。

このSTUDIOは改装間もなく、清潔で、全てが準備されていました。

特に美しいキッチンは、炊飯器や中華鍋などもあって和食さえ可能でした。

到着日は朝早くからご夫妻が外でお待ち下さって、Welcome drink にビールと水があって、一抹の不安さえそこで払拭されてしまいました。

滞在中、ご夫妻は静かに見守って下さって、ここというところで決定的なお手伝いを下さいました。

前の訪問ではあり得なかったことでしたから、これもそれもマークのお力かもしれません。

息子のホームステイ先(20区のAGNES、アニエスさん宅)ではディナーのご招待を受けました。。

メインはポークひれを使ったオーブン料理で、それはそれは美味でございました。

アニエスさん宅のお話はきっと息子からお聞きになると思います。

美しいマダムとメインディッシュを添付いたします。

マークにはNYにも進出してほしいです。

お世話になった全ての方たちに感謝します。

今夏もマークのお世話になりました。

マークが扱う物件は、とにかくレベルが高い!

どれもフランスのエスプリが感じられる物件で、インテリアも

すこぶるいい感じ。何よりオーナーの人柄がいい。

本当に、おすすめ、です

今回は、VEROの家にホームステイ。

といっても、VEROはバカンスで田舎に滞在中だったので

私は、広くて素敵なお宅を独り占め。

VEROに会ったのは、鍵の受け渡しと、その後 もう1度、

少しの時間でしたが、とても美しく(!!!)、チャーミングな女性。

娘のLEAちゃん(高校生)も、とんでもなく美しくキュート。

LEAちゃんは、初日、近所のスーパーへの買出しに付き合ってくれました。

VEROは、全ての部屋とウォークインクローゼットの中まで案内してくれました。

おまけにLEAちゃんの部屋にあるデスクトップPCを自由に使ってもいいとまで

言ってくれました。

リビングのDVDも自由に観ていいよと使い方を教えてくれたり。

タオル類も、自由に使っていいよと山盛り置いてくれてました。

VEROは、時々 私の携帯にショートメッセージを送ってくれたり

気にかけてくれてたのが、嬉しかった。

困ったときは、いつでも連絡して!とVEROLEAの電話番号も

きちんと残しておいてくれたので、安心して過ごせました。

最寄り駅のテレグラフから家までは、本当にすぐの距離で

治安面でも安心。

メトロは、観光客があまり利用しないので、それ目当てのスリもいない、

といった印象を受けました。(実際は、どうかわかりません)

1号線のような異様な混雑もありませんし、私は車内で

座席にゆったりと座り本を読んでいたくらいです。

終点のシャトレまでは、約20分。数分間隔で運行。

一昨年はサンルイ島、昨年はシャロンヌ、今回はテレグラフと

パリ中心部から、どんどん離れていってますが、それは

それで楽しく、とても満足した滞在となりました。

マーク、いつもありがとう。次回もよろしくね☆ Merci!

RENA ZHU ECOLE +TRAVAIL CHEZ FRANCOIS

1年間のパリ滞在で、慣れるまではホームステイ、そのあとは一人暮らしもしてみたいという希望に、最初の4ヶ月はホームステイを、残りの8ヶ月は一人暮らしステュディオを紹介していただきました。

ホームステイは基本的には、食事はキッチンをお借りして、自分で作るという一人暮らしに近いスタイルですが、毎日キッチンで挨拶を交わすことで、不安なくフランスでの生活に慣れていくことが出来ました。

ハロウィンやクリスマスなどは、パーティーに誘っていただいたり、楽しく過ごせました。

マダムは小説家で、近くの本屋さんでも売っていたので、私が読むにはまだ難しかったのですが、一冊買ってみたので、これから少しずつ読んでみようと思っています。

残りの8ヶ月は、17区のアパートで7階の最上階でした。エレベーターはありませんが、駅からも近く、便利でした。大家さんは、日本語がお上手で、隣に住まれているので、何か分からないことがあれば、すぐに聞くことが出来ます。

日本から友達が遊びに来る時に、泊まるかもしれないと言うと、「(ベッドが一つだから)もし良かったら、ソファ貸してあげるよ」と奥様もとても親切な方でした。

また、フランスの生活に慣れてきた頃、MARCさんにVuittonChloéなどの革製品のアトリエを紹介していただき、約半年、そのアトリエのフィニッションでアルバイトをさせていただきまさした。

アトリエには、日本人の方もいて、素人の私にも丁寧に教えていただき、本物に触れ、またプロの仕事を目の前に、日本では出来ない貴重な経験となりました。

1年間、安心して生活出来たのは、MARCさんとホストファミリー、大家さん御家族、アトリエの皆さんのおかげです。

ありがとうございました。

Rena

Histoire de KARIN

CORDINATION コーディネート (留学&トレーニング・スタージュ)

インターネットを見られたことにより、

札幌の留学斡旋会社よりParisのスタージュ先のご相談を受け

KARIN様をご紹介いただきました。

同時に、そのゲスト様がこちらのサイトを見られて直接ご連絡してこられましたので、

こちらにて、MARCがコーディネートさせていただきました。

二日後、ゲストのKARIN様が直接MARCの元に、

コーディネートをお願いしたいとご連絡いただきました。

プロフェッショナルなご経歴をもたれているKARIN様でしたので、

MARCはプロフェッショナルに対応した特別なプランをご提案しました。

フランス語 語学学校とホームステイ6ヶ月間の語学を使えるプランです。

また、KARIN様はParisの皮革のアトリエでモデリスト(パタンナー)とミシンで

スタージュしたいとのご要望もいただきました。

その後、MARCよりプランのシュミレーションを送らせていただきました。

日本のMARCの会社のバックアップにより、ビザの取得も100%成功しております。

ゲスト様がビザを取得された後も、Parisの到着から

プラン後のコーディネートもご相談にのります。

YUMI AKAHANE  FASHIO

MARCさん 私のコメントです。

私は全くフランス語が話せないままパリに来て、今、ちょうど1週間がたちました。

3ヶ月の観光VISAの間に語学学校に通っています。最初は行く予定であった語学学校の寮が入れなかったために、直前に家のことでMARCさんのHPをみて連絡しました。MARCさんは語学学校の紹介もしてくれたので、決めていたところをやめてMARCさんがおすすめの語学学校に変えました。初めて連絡してからほんの1週間で家の手配と語学学校のことすべてをやってくれました。私が予定通りに渡仏できたのもすべてMARCさんのおかげです!!

語学学校の初日の日には、MARCさんも一緒に来てくれました。手続き等もMARCさんがいてくれたのでとても心強かったです。そして、私は知り合いがいなかったので、『少し寂しいです。』とぼそっと言ったことを覚えてくれていて、何とMARCさんの空き時間に、MARCさんのお家に呼んでくれました!そこで、学校の授業の分 からないところを教えてくれました。その後には、少し家の回りを案内してくれて一緒にビールを飲んだりして、とても楽しかったです!

後日、私は9月から入学したいモードの学校の見学に行きました。2つの学校で迷っていたので、両方見て決めたいと、MARCさんに渡仏前から話していたら、2つの学校にアポをとって下さり、またフランス語が全くできない私のために一緒についてきてくれて通訳してくれました!!!2つの学校はMARCさんと特別関係がある訳では全くないのに、本当に本当に親切にここまでやって下さいました。学校を見学した帰り道には、皮のアトリエも見学させてくれました。

MARCさんは本当にいい人で、ここまで親切に対応してくれるのは本当にMARCさんだけだと思います。

本当に本当にありがとうございました。また、何かあったら必ずMARCさんにお願いしたいです。

===

MICHIKO IKEBE

ビジタービザを日本で取得し、フランスで更新した経験

私は2010年から4年間ビジタービザでフランスに滞在しました。

私の申請したビジタービザは『フランスで収入を得る活動は一切せず、個人的な目的のために自費で1年間滞在する』ことが許されるというものでした。

まず、在日フランス大使館ホームページで、ビジタービザ申請について日本語、仏語ともよく読んで、自分のケースに必要な書類をリストアップしました。それから、書類作成をして、200912月上旬大使館に申請書類一式を提出しました。書類リストアップ開始から申請まで34ヵ月、申請後許可がおりるまで23週間かかったと記憶しています。

その申請書類の中には、フランス国内での住所を証明するものが必要でした。ですから、予めフランスに住まいを確保しておかなくてはなりませんでした。私は事前にパスポート(3か月まで滞在可能)でパリに滞在して、その間に住まいを決め、住所を証明する書類を、大家さんから送ってもらいました。

ビジタービザの有効期間は1年間です。1年だけの滞在を希望する場合は、在日フランス大使館で認可されれば、必要な書類を受け取り、フランスに到着後、指示されていた手続きをして期限まで滞在できます。

私はさらに長期の滞在を希望していましたので、1年目の滞在中に現地で更新申請をする必要がありました。「ビジタービザの更新」(Renouvellement d’une carte de sejour temporaire Visiteur)には、まず申請用の窓口に予約しなくてはなりませんでした。当時は「ビザ期限の3か月前までに電話かネットで」だったと思います(現在は期限が変わっているかもしれません)。

私の更新の場合、予約がとれると、”Convocation”(手続案内の書類)が送られてきました。それをよく読み、頑張って予約の申請日までに提出書類を準備しました。日本の在仏大使館で申請した最初とそれ以降の更新では全く異なりました。

例えば1年目は日本で海外旅行保険に入り、英文証明書を発行してもらってOKでしたが、更新時にはフランスの民間保険会社に契約する必要があると知り、保険会社をさがしました。申請時には、書類に不備がないかどうか、滞在目的の明確さ、滞在費の日本からの送金の有無などについて特にチェックされたと記憶しています。

申請後認可がおりる前に滞在期限が過ぎてしまった場合は、”Convocation”(手続案内の書類)が、滞在証明書の代わりになりました。

現在、パリでの更新についてはPrefecture de policeのホームページから予約の仕方や提出書類の詳細を知ることができます。

当時、私には幸い手助けしてくれる友人がいて、予約申込みや申請窓口での通訳もしてくれました。私の仏語力では聞き取りが充分ではなかったので、本当に助かりました。

ともあれ、予約の申請日に持参した書類に不備があって、後日追加提出をして許可されたら、すぐ次の更新申請が待っているという、意外にめまぐるしい更新手続きサイクルでした。私にとっては容易ならざる経験でしたが、多くを学びました。 20172月 (M.I)

=====

HIRO BOULANGER

私は、フランスのパン屋で働きたくて、友人の紹介や、自分でもメールで問い合わせるなどしてフランス国内で働けるところを探していました。

そんな折、友人が、以前アヌシーに語学留学してた時に知り合ったパン屋のオーナーシェフを紹介してくれました。

彼女もそのお店で働くことを希望していたのですが、ワーキングホリデーのビザが取れなかったので断念し、私に話を持ちかけてくれました。

私はすでにワーキングホリデーのビザを取得できる年齢をオーバーしてしまっていたことと、渡仏目的がパン屋で研修という形で、仕事に加わりながらパン作りを学ぶことだったので、語学学校に通うことは考えていませんでした。

また、最近では学生ビザを取ることも難しくなっているという話を聞いていたので、3ヶ月の観光ビザで入国し、研修させてほしいという内容を、オーナーシェフには伝えていました。

学生ビザなどを取得していれば、アルバイトとして給料をもらうことも可能だったかと思うのですが、学生ビザを取得するためには、まず語学学校に入学することが必要です。

私はその分の費用がかかることなどを考え、無給で構わないからという内容も沿えて、連絡をしていました。

彼はそのことを理解し、快く受け入れを了承してくれていたのですが、出発直前になって、彼からメールが来て、

「君は学生ビザ、もしくはそれに代わるようなものを持っているか、君が働くには、そのような証明書、またはビザが必要だから、何とかならないか」というような内容のメールが来ました。

彼がいうには、彼の会計士から、賃金をもらわず、ただ研修するだけでも、私が何らかの身分であるものを証明するものが必要であるということを、直前になって伝えられたということでした。

突然の事態に私たちはどうすることもできず、マークに相談させてもらったという経緯なのですが、そこで、私はスタージュというものがどういうものかを知り、フランスがその法律に基づいて、厳しく雇用を管理しているということを理解しました。

高い失業率のフランスにとって、雇用は大きな問題です。

そのような背景のもと、自国民を押しのけて、海外の人間が賃金を得るというのは、いかがなものか、そこは入国に際し、制限していこうというのが近年の就労ビザや学生ビザの取得が困難になっている要因のようです。

私のように、無給で研修を受けると約束していても、雇用状況を管理するフランスの役所の人間からすると、そんなことは分からないわけで、研修を受けさせてくれるオーナーとしては、やはり公の証明書が必要なわけです。(私のオーナーもこのようなことを把握していなかったことが、出国前にバタバタしてしまった原因かと思うのですが・・・)

もし私のようなものが無断で働いていることがわかった場合、オーナーとお店には厳しい処分があるようで、パリでは実際にそのような事例がたくさんあり、日本人が働けなくなったパン屋やパティスリーがたくさんあるということを、マークから聞かされました。

実際、私が研修を受けていた際にも、役所のスタッフが、雇用状況を確認しに来るということがありました。

長々と書きましたが、このような事情がある中で、わたしのような者が働くためには、スタージュという制度に則り、きちんとした手続きをとった上で働くことが必要だったのです。

スタージュは、雇用主と生徒と、学校の3者間の契約となっているようで、結果的には私は語学学校に入学することが必要でした。

わたしのように、スタージュの制度が、まずどちらかかの学校に属して初めて成立するものだということを知らない方がいるのではないかと思います。

それ以後の手続きは、マークがすべて迅速に手配をしてくれました。

どうすることもできない中で、彼は休暇前で忙しいにも関わらず、すぐに対応してくれ、何とか私が無事に研修を受けれるようにしてくれました。

マークでなければ私はフランスに来ることも、研修を受けることもままならなかったと思います。

彼には本当に感謝の気持ちで一杯です。

AYAKO MARC COORDINATION 6 MONTH + 3 MONTH SCHOOL
大学を卒業してから6年間、衣裳関係の仕事をしていましたが、今から20日後に、
パリへワーキングホリデーに行きます。
 はじめはパリにある刺繍学校に通う目的で、
語学学校3ヶ月+刺繍学校3ヶ月=計6ヶ月の留学を計画していました。
留学の手配を大手エージェントに依頼するかどうか、料金の比較等をしながら出発の1年くらい前から
数ヶ月間悩み続け、なかなか決められないでいました。
 しかしあるとき、自分が行く予定の刺繍学校へ通われていた方のブログを見ていたら
「フランス留学のお手伝い・現地でのファッション関係の会社へのスタージュ先を
紹介してくれるフランス人の方を紹介します」との文字が!
 ちょうどこのタイミングで留学手配で悩んでいたことに加え、現地でのファッション関係の就業体験という
言葉に惹かれ、ブログを書かれた方に連絡を取り、紹介していただいたのがMARC氏との出会いでした。
 実際に連絡をとってみると、最初は自分も英語ができるほうではないので
英語でのやりとりに多少の不安と不便は感じましたが、MARC氏に実際に会ってのやりとりを交えながら
手配を進めていくことを提案され、徐々に自分のフランス行きの計画が具体的になっていくのを
実感できるようになりました。
 初めて実際に会ってのミーティングをした際、MARC氏からスタージュ先の会社の資料を見せていただき、
私はその瞬間から「せっかくフランスに行くのなら、自分の専門分野の仕事を体験しない手はない!」と
一気に気持ちが盛り上がってしまい、
元々の“6ヶ月間留学の計画を、“1年間のワーキングホリデーに変更することを決めたのでした。
 最初のお話では、MARC氏には滞在先の手配とスタージュ先の紹介をしていただく話で進めていたのですが、
私の計画を細かくお話しているうちに、MARC氏が語学学校も紹介してくださることになり
さらには刺繍学校の窓口の方とも彼はお知り合いということで、先方に連絡まで取ってくださり、
私と先方のやりとりも見守ってサポートしてくださいました。
 滞在先は刺繍学校の徒歩圏内という素晴らしい立地のホームステイステュディオを紹介いただき、
ビザ申請の際はワーキングホリデービザの申請書類を見せたら軽くチェックもしてくださいました。
(私の場合は、ビザ申請チェックは日本の小さなエージェントにもしていただきましたが)
 MARC氏からは至れり尽くせりのサポートをしていただき、
出発20日前、ビザ・語学学校・刺繍学校・滞在先のすべての予約が万全に整いました。
今現在は、スタージュ先をいろいろ考えてくださっているご様子。
結局、振り返ってみればすべてMARC氏のサポートを受けてここまでの準備が
できたのだと、改めて感謝の気持ちでいます。
 MARC氏と出会っていなかったら、現地での就業体験の話などひとつもなく、高い料金をエージェントに
支払いながら学校だけ行って半年で帰国をしてしまうところでした。
 出発準備が間に合っていないのでこれから追い込みですが、おかげさまで充実したワーキングホリデー生活を
送ることができそうなので、現地での生活を楽しみに頑張ります!
 Merci beaucoup,M.MARC!そしてこれからもよろしくお願いします。』